おまとめローンは複数の借金を1つにまとめて月々の返済負担を減らす為のものです。

おまとめローンという言葉やサービスは知っていても実際どこにどうやって頼んだら良いのか分からない人も多いと思います。そういう方のために「おまとめローン」のおすすめの借り方を整理してみました。

おまとめローンを契約するには大きく分けて3つの方法があります。1つは今借りている金融機関のうち1つに「他社の借金も御社に一本化したい」と相談することです。これまで延滞が無く返済実績が良ければ、追加融資を受けることができ、それで他社の返済をしておまとめができます。これが一番ハードルが低いのではないかと思います。

2つ目の方法は、新規におまとめローンを申し込むことです。消費者金融はおまとめローンという商品を別に用意してあるのでまだ借りた事の無い消費者金融に他社の借金を一本化したいということで申込みするものです。消費者金融のおまとめローンは「貸金業法に基づくおまとめローン」といい、総量規制の上限は関係なく「おまとめ」して「完済」することに専念するためのおまとめローンです。ですから、いま借りている分以上に借りることはできませんし、完済するまで追加融資も受けられません。融資はおまとめをする他社の消費者金融に振り込まれるので自分の手元を一度通過することはありません。おまとめローンとして使おうと思っていたがいちど自分の目の前に現金があったらうっかり他のことに使ってしまったなんて心配がありません。心の弱い人でも完済を目指す事が出来ます。ただ、この「貸金業法に基づくおまとめローン」は、返済対象が他社の「消費者金融」の債務だけということです。クレジットカードのショッピング枠やキャッシング枠、銀行ローン、信販系のローンはおまとめできませんので注意が必要です。

3つ目の方法は、2つ目と同様に新規におまとめローンを申し込みますが、消費者金融ではなく「銀行」に申し込みます。銀行は一般のカードローンとおまとめローンとを特に区別してませんが(東京スター銀行のようにおまとめ専用、のりかえ専用のローンになっているところもあります)、銀行ローンに元々総量規制はありませんのでおまとめローンとして使う事ができます。また、おまとめ対象にも制限はないのでクレジットカードでの債務や消費者金融、信販系のローンなど何でもまとめることは可能です。

しかし、銀行への申込み時点で既に多重債務者ですから、「おまとめローンとして利用したい」ときちんと伝えなければなりません。そうでなければ単なる多重債務者への追加融資と思われてしまうので審査が通らない可能性が高くなります。それに、貸金業法に基づくおまとめローンのように直接消費者金融に返済してくれませんので、一旦あなたの手元に大金が渡ります。魔がさして別の事に使わないように真っ先に消費者金融に全額返済しましょう。

まとめると、おまとめローンの借り方は次の通りです。

方法1.いま借りている金融機関に相談
一番ハードルが低いかも。ただ、消費者金融の場合は他社の消費者金融で借りている分しかおまとめができない。クレジットカードや銀行ローン、信販系ローンは対象外。

方法2. 新規に消費者金融に申し込む
貸金業法に基づくおまとめローンなので他の消費者金融で借りている分しかおまとめができない。クレジットカードや銀行ローン、信販系ローンは対象外。完済するまで追加融資不可。

貸金業法に基づくおまとめローンの「おすすめ」


方法3. 新規に銀行に申し込む
「おまとめローンで使う」旨をきちんと伝えないと断られる可能性が高い。

銀行のおまとめローンの「おすすめ」



おまとめローンで注意したいこと

おまとめローンを申し込む際に1つ大事なことがあります。それは、おまとめしても返済が軽減されなければ意味がないということです。例えば、いま割と低い金利で融資を受けている場合は、おまとめローンの方が金利が高くなるケースも考えられます。おまとめした方が金利が高くなっては意味がありませんので、もし金利が高い場合は交渉してましょう。


このページの先頭へ