貸金業者のキャッシングは総量規制の対象

消費者金融や信販など貸金業者のキャッシングは総量規制の対象です。

総量規制は貸金業者からの借入総額は原則年収の3分の1までという内容になっています。

返済能力を超えてお金を借りてしまう個人の方が増えてしまったために保護する目的で制限されました。

このため貸金業者ではお申込者の返済能力を審査のときに確認しています。

返済能力の確認によく使用されているのが収入証明書類です。

収入証明書類は源泉徴収票や所得証明書類、納税通知書、確定申告書、給与明細書などいずれか一点です。

収入証明書類の提出は貸金業者からの借入残高が50万円超となる場合、他の貸金業者も含めて総借入残高が100万円超となる場合のみです。

それ以下の場合は収入証明書類の提出は不要です。

運転免許証や各種健康保険証、パスポートなどいずれか一点の本人確認書類のみの提出で構わないです。

収入証明書類の提出が面倒な場合や提出できない場合は、50万円以下と低めの借入額を希望されたほうが良いです。

他社から借入がある人は合わせて100万円を超えないように調整しておくと良いです。

この総量規制は銀行は対象外なので銀行のカードローンなら年収や他社の借入を気にせずにお申し込みが出来ます。

その代わりに銀行のほうが審査が厳しいです。


このページの先頭へ