銀行と消費者金融でキャッシングを利用する違い

キャッシングを利用するときは、銀行や消費者金融など色々な会社の中から選ぶ必要があります。

銀行や消費者金融でもお金を借りるキャッシングは同じなのですが、微妙に違うところがありますので、そのことを踏まえてキャッシングを利用すると良いでしょう。

銀行や消費者金融の漠然なイメージとしては、銀行の方が安心して利用しやすいイメージがあります。銀行は固いイメージがありますので、それが安心感に繋がっています。

ですが、現在は大手の消費者金融なら銀行と同じくら安心して利用することができます。

銀行と消費者金融でキャッシングを利用する最大の違いは、総量規制が適用されるかされないかの違いです。

総量規制とは、キャッシングを利用する人の年収の3分の1以上は貸すことができなくなるものです。

これは銀行には適用されないので、自身の年収が500万円だった場合は基本的には限度額まで借りることができます。消費者金融の場合は、総量規制が適用されるので500万円の3分の1までしかキャッシングを利用することができません。

銀行のキャッシングは金利が低く設定されていますが、サービスがあまり充実していない特徴があります。

消費者金融は、若干金利が高いですがサービスが充実しています。


このページの先頭へ